工場の期間工とは、自動車工場や電子部品製造工場などの現場で働く契約社員の人のことを言います。企業の正規社員などからは、期間従業員と呼ばれることのほうが多いようです。期間の定めのある契約を結びますが、その期間は6ヶ月となっていることが多いです。メーカーによっては3ヶ月などとなっていることもあります。期間が満了するごとに、満了金というボーナスのようなお金がもらえることも特徴です。期間が終了すると、基本的には仕事は終わりますが、契約が更新される可能性もそれなりに高いです。6ヶ月ごとの契約更新となっている人なら、何回も契約が更新されて、3年以上も働いている人もいます。5年以上働いている人の場合、無期限の契約を結ぶことになりますが、そこまで長く続けられるためには、能力を認められていなければ難しいでしょう。

期間工の仕事内容は?噂ほどハードではない?

自動車工場の期間工は、とても給料が良く、年収は平均すると390万円~410万円くらいになるようです。これは1年目の平均なので、2年目、3年目にはもっと上昇します。しかし、入社祝金は1年目にしかもらえないので、2年目にはそれほど変わらないという意見もあります。仕事内容は、とてもハードであるという意見と、それほど厳しくはないという意見の2つに分かれているようです。中学、高校と運動部で身体を鍛えていた人は、トレーニングのノウハウが身についているので、すぐに仕事に身体がついていけるようになり、楽に仕事がこなせるようになることも多いようです。一方、それまで身体を鍛えてこなかった人にとっては、最初の2週間~1ヵ月くらいはかなりハードに感じるかもしれません。

長く働いていると正社員になれるの?

期間工の募集要項を見てみると、正社員登用制度ありと書かれていることが多いようです。「過去に500人を正社員に登用した実績あり」などと、具体的な数字が出されていると、信用できます。長く働いている人ほど、正社員になれる可能性が高いと言えるでしょう。まだ20代前半の若い人で、見込みのありそうな人は、比較的すぐに正社員にスカウトされるというケースもあるようです。とあるメーカーでは、3年以上働いている人には、平等に正社員になるための試験を受ける権利をあたえるということもあります。あくまで試験を受けられるというだけで、必ず正社員になれるというわけではありませんが、そういった制度がある会社はモチベーションにつながるでしょう。5年以上働いていると、無期限の契約を結ぶことになりますが、5年も契約が更新され続けるためには、よほどがんばっておく必要があるでしょう。

土・日・祝日の営業時間に関しましてはAM9:00~18:00となっております。 少しでも気になることがあればお気軽にお問合せ下さい。 慰労金・報奨金の制度がしっかりしているところも当社の特徴です。 営業時間は平日(月曜日~金曜日)AM9:00~19:00となっております。 当社はお電話でのご相談や受付も可能となっております。 工事・製造業に関する求人を数多く掲載させて頂いております。 期間工の仕事はメーカー直接雇用の求人特集で