工場の期間工のメリットを紹介します

今のご時世、終身雇用という考えが企業も、働く人も薄れています。そのため、就職してももっと条件の良い企業への転職というものが当たり前になっています。誰でも一度は考える転職において、ひときわ好条件の給料待遇で目にとまるのが期間工募集の求人ではないでしょうか。期間工といえばどうしても仕事がきつい製造業の仕事というイメージが真っ先に思い浮かぶかも知れません。確かに一昔前であればそれで正解と言えますが、今では作業環境や待遇が格段に改善されています。ちゃんとメリット、デメリットを理解していれば十分ありかなと思える仕事なのです。働き方の選択肢を広げる意味でも、しっかりとどんなところで、どんな仕事をするのか把握しておくことをおすすめします。

企業が求める期間限定という働き方

期間工を募集する様な企業というのは基本的には、大量生産をする工場を持つ大手企業です。自動車や家電メーカーが圧倒的に多いです。中でも自動車産業では、数多くの部品を必要としていて、自動車メーカーとは別に、系列である部品メーカーが数多く存在しています。こういった企業の生産工場で繁忙期などに募集されています。こういった繁忙期に正社員の負荷を下げるためにも期間限定の従業員が必要なのです。そこでの主な仕事は、ラインでの組みつけや組み立て、機能の検査などの単純作業やルーティンワークです。そのため、基本的には誰でもできるため、学歴不問で採用されることがほとんどで、様々な事情を抱える人には非常にありがたい仕事です。企業が採用したい人はとにかく真面目に仕事をしてくれる従業員です。ラインの仕事は、一人の怠慢が全体の生産性に影響を及ぼすからです。

期間工で働くとどんなメリットがあるのか

まずなんといっても給料の良さでしょう。学歴に関係なく、また今までの社会人経験に関係無く月収30万円以上が稼げる仕事はなかなかないです。さらに、ほとんどの企業が社員寮を用意していて、家賃が無料というところがほとんどです。食事も補助が付くので生活費をかなり抑えることが出来ます。そのため、貯蓄をしやすい環境が整っているため、企業資金を稼ぎたい人や、留学のための費用を稼ぎたい人にもぴったりです。またキツイと思われる仕事は単純作業やルーティンワークのため、コツを掴んでしまえば体が勝手に動く様になり非常に楽な仕事です。上手な作業をするコツとしては無理に急がず、身体に優しく作業することです。また短期の仕事ですが一年以上働けば失業保険の受給資格が得られるためいざという時も安心です。