工場の期間工は増えるか減るかなど今後の展望

期間工の求人は、国内需要が減少している自動車産業などでも一定数の見込みが成り立ちます。そもそも国内向けが減少していても、海外にあってはその需要が盛んで、昨今の円安傾向と相まって国内で製造した自動車を海外に運んで売ることで、莫大な収益を上げています。この傾向は今後も続くと見られており、国内生産が一定数以上見込める以上は、労働者の確保も必要というわけです。ただし、国内では少子化と高齢化の影響が出ています。労働者人口自体が減少しつつあるので、契約社員など期間限定の労働者の確保は年々難しくなることは明白です。需要と供給のミスマッチから、賃金等の上昇など処遇改善の動きが行われることは明白な情勢となりつつあります。場合によっては正社員への転換も迫られるようになります。

今後の国内情勢次第で変わります

国内では少子化と高齢化及び若者の自動車離れにより、国内での自動車販売には限界があります。したがって、自動車産業における期間工の求人は、国内向けの自動車製造というよりも海外向けの自動車製造となります。昨今の円安傾向から海外での販売で莫大な収益を得られやすいわけですから、人材の確保も当面は続くと考えられています。一方で、円安傾向から円高傾向へと変化した場合には、海外での販売の収益が減少します。その分、製造を減らす可能性も出てきますので、雇用も減少する可能性はあります。このように企業における収益をどこから得るのかによって話が変わり、期間限定の社員をうまく調整することで利益の確保を行うことは間違いがありません。政治と経済によって話が大きく変わるわけです。

労働者数の減少と正社員への転換の流れ

国内では少子化と高齢化により、労働者人口そのものが減っています。働く人がいなくなるわけですから、雇用する企業側は人材の獲得競争になりやすくなります。したがって、期間限定での労働者すなわち期間工なども含めて、その確保は難しくなることは明白です。諸条件をよくするなどして確保のための行動を起こせるかどうかが分かれ目となるわけです。今後も一定数の労働者の確保が必要であるならば、期間限定社員からの正社員への転換を図る動きも加速します。特に優秀な人材、経験豊富な人材の囲い込みを行うことで、労働者の確保を行うようになっていきます。これはその業界だけの話しでは無く、国内全体で同様の動きが出ることは間違いがありません。他の業種とも人材獲得競争が生じることは間違いが無いこととなっています。